タグ別アーカイブ: Wordpressプラグイン

404ページを教えてくれるプラグイン404 Notifier

ワードプレスサイトだと、404エラー”Page Not Found”て割と出してしまいがちです。あまり見栄えのいいものでもないので、プラグインを使用してどのURLでエラーがでているか教えてもらいましょう。

今回使うプラグインはこれ。

▼404ページを教えてくれるプラグイン404 Notifier
01

プラグインの使い方

プラグインを有効化すると、管理画面設定タブに「404 Notifier」項目が出てきます。

メールでエラーのお知らせを受け取りたい場合は
「404 Notifier」>「Enable mail notifications on 404 hits」にチェックを入れ、送り先メールアドレスを入れます。

02

フィードで知らせを受けたい場合は「RSS Feed of 404 Events」をフィードリーダに登録してください。

注意したいのがこのプラグインは、パーマリンクを設定しているときのみ有効で、デフォルトURL(?p=111など)では機能しません。

ワードプレスのお引っ越しなどで、エラーが大量に出てしまう。。。
などというときにも便利なプラグインです。

ファビコン設置プラグインAll In One Favicon

今回は、ファビコンを設置するためのプラグインをご紹介いたします。

※「ファビコンってなに?」という方は、ファビコンの設定をご参照ください。

▼ファビコン設置プラグインAll In One Favicon
01

プラグインの使い方

プラグインを有効にすると、管理画面にAll in one Faviconタブがでてきます。

Frontend部分にファビコンとして使用したい画像を登録してください。
01

Frontendだけ登録すれば、サイトに表示されるファビコン設定完了です。

Backendにも登録すると管理画面のファビコンも変更できます。
02

複数サイトを運営している方は、管理画面の方にも登録しておくと、
「間違えて他のサイトに記事を書いてしまった」というミスを防ぐことができて便利かもしれません。

登録した画像が正方形でないときは、プラグインがサイズの調整を行ってくれますが、
なるべく正しいサイズで登録しておくことをおすすめします。

自分のサイトを覚えてもらうためにも、オリジナルのファビコンをぜひ設置してみてください。

URLからサムネイル生成プラグインBM Shots

BM Shotsは外部サイトのイメージから、自動でサムネイルをつくってくれるプラグインです。

サイトを運営していると、キャプチャを掲載したいときって結構あるものだと思います。
そういうとき、キャプチャをとって画像を保存して、サイズを編集してまたアップロードして、、、

毎回の作業が煩わしかったりしませんか?

BM Shotsを導入すれば、相当手間が省けます。

▼URLからサムネイル生成プラグインBM Shots

プラグインの使い方

①プラグインをダウンロードして有効化してください。

②キャプチャを挿入したい箇所に

[browsershot url=”キャプチャをとるページURL” width=”表示したい幅″]の記載を挿入。

ショートコード一つで自動でキャプチャをとってくれます。

プラグインを使用すると、運営の効率化だけでなく、
常に最新の状態のキャプチャを表示できるというメリットもあります。

以前ご紹介した「 addquicktag」にキャプチャ用ショートコードを登録しておけば、
一瞬でキャプチャの挿入が終わります。

プラグインを組み合わせて使用して、どんどん作業を楽にしてしまってください!

管理画面に移動しないで編集できるちょっと便利なプラグイン

文末を少しかえたい、タイトルを少し変更したいなどちょっとの変更のために管理画面にログインするのは面倒だったりしませんか?

今回ご紹介するのは、ログインした状態でサイトに行くと管理画面に移動せずに編集できるプラグイン「Front-end Editor」です。

▼「Front-end Editor」プラグイン配布サイト

プラグインの使い方

①プラグインをダウンロードして、有効化。

②ログインした状態でサイトにいき、編集可能なところにカーソルをあわせるとこんな感じに表示されます。

③「編集」をクリックするとテキストフィールドが表示されるので、そこから編集してください。

④編集が終わったら「保存」をクリック。

コンテンツエリアの編集は、ダブルクリックすると▼こんなパレットが表示されます。

見出しやテーブルの挿入、画像のアップロードもここから行うことができます。

実際の画面表示をイメージしながら編集することができるので、
ビジュアルエディターを使用している方にはとくにおすすめできるプラグインです。

キーワードに自動でリンク日本語対応のWP Keyword Link

WP Keyword Linkは、よくでてくるキーワードを自動リンク化してくれるプラグイン。日本語にもちゃんと対応しています。

サイトの中でリンクを張るキーワードって自然と決まってくるものだと思います。
出てくるたびに、リンクを張るのが少し面倒になってきた方にはうれしいプラグインです。

▼日本語対応キーワードに自動でリンクをはるWP Keyword Link
WP Keyword Link

プラグインの使い方

①プラグインを有効化すると、設定タブにWP Keyword Linkが追加されます。

②キーワードとリンク先を登録してください。

日本語の場合は、「For zh_CN?」に忘れずにチェックを入れてください!

たとえば「プラグイン」という言葉を登録しておくとこんな感じで反映されます。
WP Keyword Linkの使用例

編集作業を楽にして、気楽に更新できる体制を整えておくことが長続きするブログの秘訣です。
WP Keyword Linkのような便利プラグインをぜひ使用してみてください。

ショートコード登録で楽々編集!AddQuicktag

今回ご紹介するのは、自分用のショートコードを登録できるプラグインAddQuicktagです。
ご自身でテーマをカスタマイズしている方は、必然とよく使うタグってでてきたりしませんか?

このプラグインを使用すれば、ショートコードとしてクリック一つで呼び出しができるように登録しておくことができます。

▼ショートコード登録で楽々編集!AddQuicktag
ショートコードプラグインAddQuicktag

プラグインの使い方

①プラグインを有効にすると、設定タブにAddQuicktagがでてきます。

②投稿画面に追加したいタグを入力して、「変更を保存」をクリック。

ボタン名* : ショートコード呼び出しボタンに表示する名前
開始タグ* : 開始タグの入力

の二つの項目は登録必須、あとは任意です。

③設定が終了したら、「変更を保存」で保存してください。

登録した後に、新規投稿画面にいくとショートコードが登録されています。

▼こんな感じで追加されます。

登録したタグを削除したいときは、削除したい行の項目をすべて空にして「変更を保存」をクリックするだけです。

また、このプラグインは、作成したファイル(追加したタグ)をエクスポート、インポートできる機能があります。
一度登録してしまえば、別のWPにも同じ設定をインポートして、使いまわすことができます。

複数サイトを運営されている方にもお勧めできるプラグインです。

タグクラウドを思い通りに表示するConfigurable Tag Cloud

タグクラウドの使用は好みが分かれる所だとは思いますが、使用される方のためにタグクラウドの表示をコントロールできるプラグインをご紹介いたします。

▼タグクラウドを思い通りにカスタマイズConfigurable Tag Cloud

プラグインを有効化してウィジェットをみると、「CTC」Customizable cloud of your blog’s tags.
というカスタマイズ用のタグクラウドウィジェットが追加されています。

それを追加したい先にドラッグすると、▼こんな設定画面が表示されるのでお好みのタグクラウドを作っていきます。

表示させるタグの数、文字の大きさ、カテゴリーの表示有無、文字の色などほぼやりたいことは網羅されているので、いろいろ触って自分好みの表示を作ってみてください。

カテゴリの順番を入れ替えるCategory Order

サイドウィジェットに、ナビゲーション代わりにカテゴリを配置している人は多いですよね。

「読んでほしいのはこのカテゴリなのに、下にきてしまって」ということはありませんか?
そんなお悩みを解消するのがカテゴリの順番を入れ替えるプラグイン「Category Order」です。

▼カテゴリの順番を入れ替えるCategory Order
Category Orderプラグイン

Category Orderの使い方

①有効にすると、投稿部分にCategory Order設定が出てきます。

②表示させたい順番にドラッグ&ドロップで入れ替えてください。

これだけで、サイトに戻ってみて見るとカテゴリの順番が入れ替わっているはずです。

階層表示にも対応しているので、注目してほしい記事はぜひ上の方に表示してあげましょう。

ビジネスサイトに必須!サイトマップ自動生成プラグイン

今回は、サイトマップを自動で生成してくれるプラグインPS Auto Sitemapを紹介いたします。

なお、今回とりあげるサイトマップは、サイト内の記事・ページを一覧形式で表示させる役割を果たすものです。
以前ご紹介したような、検索エンジン向けのものとは異なります。

▼サイトマップ自動生成プラグインPS Auto Sitemap
PS Auto Sitemap

プラグインの使い方

①サイトマップ表示用のページを投稿画面から新規作成します。
②作成した記事の本文に、HTMLモードで以下のコードを入力します。

③記事編集画面で記事IDを確認し、プラグインの『サイトマップを表示する記事』欄に指定します。

▼ピンクでかこっている部分に記事IDを入力してください

これだけで、サイトマップが表示され新しい記事を追加すると自動で更新してくれるので非常に便利です。