作成者別アーカイブ: admin

備えあれば憂いなし!自動バックアッププラグインBackWPup

ワードプレスを使っていて、急に画面が真っ白になったり管理画面にログインできなくなってしまったり、
こわい想いをしたことがある人以外と多いのではないでしょうか。

自分に非がなくとも、半年前におこったサーバのデータ消失事件のように、
使用しているサーバに障害が発生してせっかく書き続けてきたサイトの記事がすべてなくなってしまうということにもなりかねません。

そんなときにも、定期的なバックアップがあれば安心です。

▼備えあれば憂いなし!自動バックアッププラグインBackWPup

プラグインの設定項目

① 対象とするデータベース、ファイルの選択。全選択で問題ありません。

② バックアップ先を指定します。

・メール添付 ・FTPサーバー ・Dropbox ・SugarSync ・Amazon S3 ・Google Storage
・Microsoft Azure     ・Rackspace Cloud
お好みの先を選択し「Back up to ○○」と分かれている該当部分から保存先を指定してください。

設定が完了したらJobsを見て、ちゃんとバックアップの処理が追加されているのを確認、Run Nowで実行テストをしてください。
処理が正常に行えれば設定完了です。

一度設定を行えば、定期的に自動バックアップをしてくれるのですが、注意点として保存先の容量の問題があります。
ワードプレスをインストールされている皆様ご存知の通り、プラグイン、ファイル、データベースもろもろ合算すると結構な容量になりますよね。
保存先の容量を超えてしまうと、バックアップが行われないのでお気をつけ下さい。

カテゴリの順番を入れ替えるCategory Order

サイドウィジェットに、ナビゲーション代わりにカテゴリを配置している人は多いですよね。

「読んでほしいのはこのカテゴリなのに、下にきてしまって」ということはありませんか?
そんなお悩みを解消するのがカテゴリの順番を入れ替えるプラグイン「Category Order」です。

▼カテゴリの順番を入れ替えるCategory Order
Category Orderプラグイン

Category Orderの使い方

①有効にすると、投稿部分にCategory Order設定が出てきます。

②表示させたい順番にドラッグ&ドロップで入れ替えてください。

これだけで、サイトに戻ってみて見るとカテゴリの順番が入れ替わっているはずです。

階層表示にも対応しているので、注目してほしい記事はぜひ上の方に表示してあげましょう。

ビジネスサイトに必須!サイトマップ自動生成プラグイン

今回は、サイトマップを自動で生成してくれるプラグインPS Auto Sitemapを紹介いたします。

なお、今回とりあげるサイトマップは、サイト内の記事・ページを一覧形式で表示させる役割を果たすものです。
以前ご紹介したような、検索エンジン向けのものとは異なります。

▼サイトマップ自動生成プラグインPS Auto Sitemap
PS Auto Sitemap

プラグインの使い方

①サイトマップ表示用のページを投稿画面から新規作成します。
②作成した記事の本文に、HTMLモードで以下のコードを入力します。

③記事編集画面で記事IDを確認し、プラグインの『サイトマップを表示する記事』欄に指定します。

▼ピンクでかこっている部分に記事IDを入力してください

これだけで、サイトマップが表示され新しい記事を追加すると自動で更新してくれるので非常に便利です。

パン屑リストを手軽に実装プラグインBreadcrumb NavXT

前回は、SEO効果をねらったトピックパスのコード記述例を紹介いたしましたが、
もちろんプラグインで手軽に実装する方法もあります。

▼パン屑リストを手軽に実装プラグインBreadcrumb NavXT

プラグインを有効化すると、設定画面に「Breadcrumb NavXT」が追加されます。

▼有効化した管理画面
プラグインを有効化した管理画面

特に設定をしなくても大丈夫なのですが、設定できる項目として

【General】
Breadcrumb Separator:パン屑の間のセパレーター
Title Length:表示する文字の長さ

【Current Item】
Link Current Item:チェックすると閲覧中のページにもリンク
Paged Template:たとえば「今あなたは○○をみています」など、接頭語の追加

【Home Breadcrumb】
Home Breadcrumb:インデックスページのパン屑表示設定
Home Template:インデックスページの接頭語とリンクの指定

などが用意されています。

設定が終わったら、「変更を保存」をクリック。パン屑を表示させたい箇所に

と記載するだけで完成です。

文字の大きさなどをカスタマイズしたい方は、CSSで調整してください。

ソースコードを見やすく表示するプラグイン

SE系のお仕事をしている友人が、プログラミングブログを書きたいとのこと。
phpを勉強しているので、ソースコードを紹介するブログを始めたいということでした。

ソースコードを見やすく表示させるプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」を
試してみたのでご紹介いたします。

▼SyntaxHighlighter Evolved

以下のコードに対応しているそうです。

html,actionscript3,bash,coldfusion,cpp,csharp,css,
delphi,erlang,fsharp,diff,groovy,javascript,java,javafx,
matlab (keywords only),objc,perl,php,text,powershell,
python,r,ruby,scala,sql,vb,xml

使い方はとてもシンプルで、プラグインを有効化したらすぐに使えてしまいます。

投稿の中で、たとえばPHPのコードをハイライトしたい時には、

[php]表示したいコード[/php]

とタグで囲むだけ。

▼こんな感じになりました。

(私がサンプルで作ったものなので、コードが適当なのはご容赦ください。。。)

IT系の方のブログに活用できそうです。